身の丈以上の住宅ローンを組んだために払えなくなってしまった末路

住宅ローンを身の丈以上の返済計画を立てて借りてしまうと月々の返済が苦しくなり、最終的には払えなくなってしまう可能性が高くなります。
低金利時代になり金融機関は利益を上げるために融資を増やしたいので、住宅ローンは多額の融資額となるのですから積極的に営業します。
そのため、審査も比較的緩くなっていますので、審査に通過したからといって返済能力が認められたということではありません。
金融機関は債務者がローンを払えなくなったら、競売することにより債権を回収すればいいのです。
そこのところを住宅ローンを組む前に知っておかないと、後々住宅ローンの負担が大きく生活が苦しくなってしまうことになりますので忘れないでください。

住宅ローンを払えなくなった末路

住宅ローンが払えなくなった原因として多いのが給料の低下です。
月々の返済負担が大きい住宅ローンを組んでいますとただでさえ家計が苦しい上に収入が減ってしまうのは大きな負担となります。
子供も大きくなれば教育費がさらに負担が大きくなってきますので給料だけでは住宅ローンの返済や生活費を捻出することが厳しくなるでしょう。
そうなりますとカードローンなどで借金するようになり、住宅ローンなど借金を借金で返すようになってしまったら、さらに苦しい状況に追い込まれてしまいます。
借り手がどこもなくなってしまい住宅ローンの滞納が続いてしまえば、金融機関は競売の申し立てを始めます。
このような状態になってしまったら自分がどこからいくら借りているのか把握できない状況になっていますし、住宅ローンを含めて借金の額は膨れ上がっていることは間違いないでしょう。
競売によってマイホームを手放しても残債が残りますし、住宅ローン以外の借金も残ってしまうでしょう。
唯一の財産であるマイホームを手放してしまえば無一文になりますし、借金を払いきれないのなら自己破産を申請するしかなくなります。

生活準備金

住んでいたマイホームを離れて新たな生活を始めるにもその後の生活資金が必要です。
すぐ家を借りる為にも敷金礼金が必要ですし、さらに引っ越し費用など必要なお金は残しておかなければなりません。
任意売却でしたら今後生きていくための生活準備金という名目で購入したから用意してもらうことができますが、競売ではそのようなことはできません。
交渉が必要となりますが、任意売却では売却代金の他に別途生活準備金を受け取ることも可能です。
生活準備金が認められる金額は50万円から100万円程度が一般的です。
住宅ローン以外のローン返済はあるでしょうから、手元に現金があるかないかで将来の生活設計が大きく変わってきます。
マイホームを手放すことになったとしても、その後の人生は続きます。
生活準備金があるとないとではその後の人生が大きく変わってくると言っても過言ではないのです。

専門家に相談する

住宅ローン以外にも借金があり借金額も膨らんであるのでしたら誰からいくらかしたのか把握できなくなってしまいます。
任意売却や自己破産を進めるためには借金の額を特定するのが必要です。
借金の詳細が分からなくなっているのでしたら個人情報を管理している機関に開示を求めましょう。
本人であればインターネットで確認することもできます。
カードローンなど複数の金融機関から借りているのであれば債務整理のために弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

人生最大の危機から抜け出す

住宅ローンを払えなくなったと言っても、それで人生の終わりではありません。
人生をやり直すチャンスはありますし救済する国の制度だってあるのです。
住宅ローンなど経済的に追い込まれた人は精神的にも追い詰められてしまい誰にも相談できず解決する方法を見出すことができません。
住宅ローンを払えなくなった最悪の情報をから抜け出せるよう、専門家や制度を賢く利用して人生最大の危機から抜け出していただきたいと思います。