住宅ローンを返せない場合の最悪の事態とマイホームを守る方法

住宅ローンを払えなくなるということは人生の中でも最大のピンチと言えることです。
マイホームを手に入れることで家族が安住の地で暮らすことができるから幸せな人生を送れると喜びを感じたことでしょう。
しかし、何らかの想定外の事が起きてしまい住宅ローンが払えなくなり最終的にマイホームを手放した人が近年増えているのです。

住宅ローンが払えなくなったら

住宅ローンの支払いが滞納すると金融機関から督促状が届きます。
督促に応じることができなければ金融機関は返済不能とみなします。
契約では返済不能とみなされたら残債を一括返済するよう請求できるようになっていますので、今すぐ住宅ローンの残りを返せなければならなくなります。
とはいえ毎月のローン返済ができないということは残債を一括で払えるわけはありません。
どうしたらいいのか悩んでいると時間がすぐに過ぎ去ってしまい、そのあいだに金融機関が差し押さえと競売の手続きを開始し、競売で相場の半額ほどの安い価格で買い叩かれてしまい、それでも残債を払いきることができず自己破産するしかない状況にまで追い込まれてしまうのです。

マイホームを手放さなければならなくなる

マイホームを明け渡すことになれば家族を路頭に迷わせてしまいます。
一家離散となって最悪の場合ホームレスになってしまうことさえあるのです。
お子さんがいるのでしたらマイホームを手放すことで転校しなければならなくなりますし、連帯保証人がいるのでしたら残債の請求は保証人になりますので経済的に多大な迷惑をかけることは間違いありません。
住宅ローンを払えなくなるということは家族だけでなくマイホーム購入に関わった多くの人に影響を及ぼしてしまいます。
住宅ローンを払えなくなってもマイホームを守る方法はあるのですが、その有効な対策もすることなく手をこまねいていればマイホームは手放さなければならないのが住宅ローンを払えなくなることの恐ろしいことなのです。
住宅ローンを払えなくなったらマイホームを手放すしかないと諦めるしかないかというと、決してそのようなことはありません。
任意売却によって解決する事だって可能なのです。

任意売却とは

任意売却とは競売にかけられた不動産物件を債務が残ったまま自宅を売却することです。
不動産の所有者と債権者である金融機関にとっては残債を大幅に減らすことができるメリットがあります。
また不動産の所有者にはマイホームに続けられる可能性ができますし、競売を避けることにより住宅ローンが滞納したことを近所に知られないようにできるなど、住宅ローンを支払えなくなった人にとって救いとなるでしょう。
ただし任意売却をするには競売になる前に売却を完了しなければなりません。
さらに債権者である金融機関と交渉して承諾得ないと任意売却を認められませんし、残債を減らすために少しでも高い価格で購入してくれる買い手を自力で見つけなければなりません。
決して簡単なことではありませんが、任意売却の専門家にサポートを受けることでスムーズに任意売却を進めることが可能です。

マイホームを守るためには行動しなければならない

住宅ローンを払えなくなって手をこまねいていれば時間はすぐに過ぎ去ってしまいます。
そうしている間に金融機関は督促状を億り、3回目の滞納をすれば差し押さえや競売手続きを開始します。
金融機関は住宅ローンを1回でも滞納したら即差し押さえるというようなことはしません。
マイホームを手放さないで住宅ローンを払い続けられるよう出来る限りの対処をしてくれますし相談にも応じてくれます。
住宅ローンが払えなくなったら真っ先に相談すべきは金融機関です。
住宅ローンが払えなくなる前に、払えなくなりそうになったら即相談すべきなのです。
そうすることでマイホームを手放すことをできる限り避けることができますので、真っ先に相談していただきたいと思います。