病気で住宅ローンが払えなくなってもマイホームに住み続けるには

住宅ローンを払えなくなるケースで多いのが病気のため働けなくなったことです。
家族の収入を担う一家の大黒柱が病気のため働けなくなると住宅ローンを払うことが出来なくなってしまいます。
住宅ローンの支払いだけでも厳しいのに、さらに治療代などにお金が掛かってしまいますので貯金はすぐに底を突いてしまうでしょうし、住宅ローンの支払いだってできなくなってしまうでしょう。

住宅ローンが払えなくなってもマイホームに住み続けるには

住宅ローンが支払えなくなると通知書や督促状が届きます。
病気で働けなくなり住宅ローンが支払えなくなったとしても債権を回収するために金融機関は待ってはくれません。
マイホームを手に入れた人は愛着が強いですので、これからも住み続けたいという人は多いでしょう。
住宅ローンを払えないのにマイホームに住み続けたいという希望は無茶を言ってると思われるかもしれません。
しかし、住宅ローンを支払えなくなってもマイホームに住み続けることを不可能なことではありません。

任意売却

住宅ローンを払えなくなった不動産の売却には競売の他にも通常売却と任意売却があります。
通常売却は所有者が自由に売却を決断でき、価格なども所有者が自由に決めることができます。
債権者である金融機関の許可を得ることなく自分が売りたい価格で売却することができます。
しかし、住宅ローンが支払えない場合には自由に売却することはできません。
抵当権が設定されていますとで抵当権を外すせなければ売却できませんし、住宅ローンの残債がある不動産物件を売却するには財産を完済して債権者から抵当権を外してもらわなければならないのです。
要するに借金を全て返して所有権が完全に自分の元にならないと売却することはできません。
しかし、住宅ローンの返済を滞っているということは残債を一括返済することはできません。
住宅ローンを支払っている債務者が任意売却を行うには債権者である金融機関と交渉して「売ってもいい」という同意を得なければなりません。
任意売却が行われなければ債権者である金融機関が抵当権を行使し競売にかけることになります。
競売は相場の半額程度で売却されることもありますし、残債が多いケースでは金融機関は回収不能となり損失が発生してしまいます。
任意売却で買い手が見つかりましたら相場に近い価格で売却することができますし、回収できる金額が高くなりますので金融機関が任意売却の交渉に応じる可能性が高いです。

マイホームを住み続けるためには売却した物件の新たな買い主と賃貸借契約を結ぶことです。
所有権は新たな買い主のものとなりますが、買い主が以前の所有者に貸すという形で、マイホームに住み続けることができます。

任意売却の可能性を探る

競売では引っ越し費用や今後生活するための資金を確保することができません。
一方、任意売却のでは買い主との交渉が可能ですし、引っ越し費用や今後生活するための費用を売買代金とは別に請求する契約も可能です。
競売ですと残債がありますに連帯保証人に残債が請求されてしまいます。
しかし、任意売却なら債務整理によっては保証人への影響を最小限に軽減できる場合もあります。
さらに住まいは競売にかけられますと裁判所が行う聞き取り調査などから競売に出されたことが近所に知られてしまいます。
任意売却と競売の申し立てされる前であれば、近所に知られる可能性を最小限に抑えながら買い手を探すことができます。
任意売却は住宅ローンが支払えなくなり通常売却できなくなって初めて可能となります。
競売よりもメリットが多いですが、必ずしも希望通りに売却が成立するとは限りません。
金融機関の承諾は必要ですし、売却価格が低すぎると金融機関が反対すれば契約は成立できませんし、マイホームに住み続けることは不可能です。

それでも住宅ローンの残債を支払ることができて、住み続けることが可能となるケースがありますので、任意売却の可能性を諦めることなく探っていただきたいと思います。