住宅ローンが払えなくなり競売になってしまったら

住宅ローンが払えなくなると貸付先の金融機関が最終手段として行うのが競売です。
債務者にとっては最悪の結末となるのが、この競売ですが、言葉は知っていたも日常生活ではなじみがありませんので、住宅ローンが払えなくなったときの競売について解説します。

保証会社が代位弁済

住宅ローンの借りてが返済できなくなった場合に代わりに一括返済するのが保証会社です。
住宅ローン契約を結ぶにはこの保証会社を利用するのですが、費用も払います。
ローンが返済できなくなった場合、保証会社が金融機関に返済するのですか、これが代位弁済です。
金融機関は借り手が返済できなくなると保証会社に対して残債の一括返済を求めます。
返済を求められた保険会社は金融機関に返済を行います。
この代位弁済が行われますと、債権者金融機関から保証会社に変わります。
これによりローンを返済するのは金融機関から保証会社に変わります。
代位弁済が行われると借り手は保証会社に一括返済する義務が生じます。
分割返済は認められませんし、住宅ローンの支払いが滞った債務者は一括返済するだけの財力がないことは間違いありません。
一括返済することができない借り手に対して保証会社を行うのが借り手のの財産であるマイホームの競売でです。
保証会社が競売の申し立てを行うのは代弁弁済が行われた半月から1ヶ月ほどになります。

競売の手続き

競売は住宅ローンの借り手が返済できなくなったたら、債権者である保証会社が抵当権が設定された担保物件を差し押さえます。
差し押さえられた担保物件を強制的に競売にかけることにより債権を回収します。
抵当権が設定されている担保物件が住宅ローンが支払えなくなったといって勝手に売却することはできません。
そのため手続きが必要となりますが、競売を実行するために保証会社が裁判所に申し立てます。
競売が申し立てが行われたら裁判所は差押登記を行い登記簿に記載されます。
借りては裁判所から差し押さえ通知が届くことにより競売の手続きがなされることをします。
差押登記がされてしまったら勝手に売却することができなくなります。
たとえ高値で買い取ってくれる買い手を自分で見つけたとしても売却することができないのです。
債権者である保証会社からしてみると勝手に売却されてしまっては代位弁済した分の返済を受けられなく可能性がありますので、競売の申し立てと同時に差し押さえも行われます。
競売の手続きが開始されますと裁判所は不動産鑑定士の査定と執行官の調査をもとに物件の売却基準価額を決めます。
競売にかけられる不動産は売却が難しくなるため相場よりも低く見積もられてしまいます。
これはつまり、相場よりも安い価格でマイホームを手放さなければいけないということになるのです。
競売の日程が定められましたら競売の期間入札通知書が届けられます。
入札期間は一週間以上一か月以内と定められています。
競売物件には一般の不動産売買にはないリスクが多くあるため高値が付けられることがありません。
また物件の内覧することもできませんし、競売物件には裁判所の執行官以外は確認することができません。
また競売物件には保証もつかないため相場6割程度でしか売れないのです。
売却代金を精算できずマイホームを失ってもなお借金が残ってしまうケースが多いです。
競売後は所有権は落札者に移るのでもちろん住み続けることができませんので明け渡さなければなりません。
家を手放したとしても引っ越し費用は競売によって手に入れることはできません。
なぜなら競売による売却代金は裁判所から債権者である保証会社に配当されるため、競売代金が残らないからです。

任意売却

競売はデメリットしかないものです。
しかし、任意売却でしたら競売よりも高く売れますし、相場の1割減の売却なるのが通常です。
少しでも高く売れれば残債の返済も楽になりますので、住宅ローンが払えなくなったときの選択肢として任意売却を覚えておきましょう。